サトイモの植え付け

こんばんわ。今日は蒸し暑い一日でした。外はぼんやりかすんでいて、全国的に黄砂が降ったそうですね。PM2.5も注意だそうです。

最高気温 熊本市25.8℃ 阿蘇乙姫21.5℃
最低気温 熊本市15.0℃   阿蘇乙姫10.3℃

※今日は写真はほとんどありません。明日、追記して載せようと思っています。

 

サトイモの植え付け

今日はサトイモ種芋の植え付けをしました。サトイモは4月5日に「サトイモの芽出しをしました」で紹介した。一ヶ月たちましたが、ほんの少し芽が出ていましたよ。

サトイモの植え方には色々あります。

Ⅰ芽が出ているほうを上にして植える(通常植え)
Ⅱ芽が出ているほうを下にして植える(逆さ植え)
Ⅲマルチを使うかどうか

逆さを下にして植えると、収量がアップし土寄せも不要になるのだそうです。ただ、逆さに植えるため地面までの距離が長くなり、芽を出すまでの時間も長くなるとのこと。

マルチ(フィルムなどで覆うこと)をする意味は色々とあります。今回のサトイモでは、地温の上昇、雑草防除、土壌水分量の安定を目的にしています。
①できるだけ温度を高くして、芽出しやその後の成長を促進させる。
②ほとんど放置で栽培するので雑草がいっぱい生えます。そこでマルチをして雑草が生えないようにします。
③サトイモは乾燥に弱い作物です。マルチで保護すると水分の蒸発を防いでくれます。

 

今回選んだのは、芽が出ているほうを上にして、マルチを使って植える方法です。

下手な絵ですみません。幅15センチの穴を畝の中に掘って、40cm間隔で種芋を置いていきます。その後、10cmくらい土をかぶせて畝を作り、ポリマルチをかけました。

こんな感じです。芽が出てきたら、手や、カッターなので芽をマルチの外に出してあげます。毎日畑に行って芽が出てないか確認の作業が必要です。

 

最初は面倒な作業ですが、後々の土寄せ作業を考えるとこのほうが楽チンです!

 

いいねと思ったらクリックしてね!

人気ブログランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。